国産材委員会Report

2022年度活動計画

地域工務店の実務に役立つ国産材等の知見を普及し、国産材の活用を促進していきます。

気候変動や生物多様性の問題が世界中で注目されているなかで、住宅業界においても国産材の利用拡大が必須となってきました。
国産材委員会では、国産材に関する以下の情報をJBN会員工務店に提供していくことにより、国産材利用の促進、工務店実務の生産性と品質の向上、そして顧客満足度の向上を目指していきます。
①様々な地域の国産材利用の取り組み事例
②工務店の実務に役立つ国産材情報
③木材が持つ可能性や環境性能などの情報

国産材委員会では、木材流通の川上から川下までの”線”のつながりだけではなく、行政や他業界との連携といった”面”でのつながりを構築しながら、国産材利用が地域工務店にとっての差別化となり、その優位性を高めることができるセミナーとベンチマーク研修を実施していきます。なお、日本林業経営者協会青年部、日本木材青壮年団体連合会と三者協議会により、JAS材普及啓蒙活動を展開します。

委員会開催:年4回、セミナー開催:年3回
・令和4年05月11日(水)委員会、セミナー開催
・令和4年07月05日(火)委員会、セミナー開催
・令和4年11月09日(水)記念大会分科会
・令和4年11月22日(火)委員会、ベンチマーク研修  
・令和5年02月07日(火)委員会、セミナー開催

委員会・セミナー開催:年4回の公開セミナーを開催する。

  • 第1回 令和3年  5月20日(木) Webセミナー開催
  • 第2回 令和3年  7月01日(木)~2日(金) セミナー開催
  • 第3回 令和3年  9月09日(木) セミナー開催
  • 第4回 令和3年 11月04日(木)~5日(金) ベンチマーク研修
  • 第5回 令和4年  2月03日(木) セミナー開催

活動報告

令和4年2月7日委員会を開催しました

 新潟で設計事務所を営み、更には製材、原木調達から地域材のブランディング、家具製作までを手掛けて地域材の活用とサプライチェーンの構築に取り組んでおります株式会社石田伸一建築事務所の代表 石田伸一先生をお招きし、「ウッドショック後のサプライチェーンを地域から考える」と題して、ご講演いただきました。
 セミナーの冒頭では石田氏が鹿児島に地域材の勉強に行った際に70%の人が地元の木を使って家を建てている「地材地建」という言葉に衝撃を受けて、新潟でも魚沼杉のブランディング活動を始めることが最初のきっかけでした。
 その後、付き合いのあった会社から伐採事業と製材事業の事業譲渡してもらい、地域に貢献したサプライチェーン構築の取り組みを説明頂きました。後半では、地域のデベロッパーと株式会社スノーピークとの協働による地域材をふんだんに使った複合的住宅街で「野きろの杜」プロジェクトについて、お話しいただきました。

本セミナーは、JBN正会員専用ページ内に期間限定で動画配信をしています。

令和3年11月18日委員会を開催しました

 先端的な技術をサスティナブルな都市・建築デザインへ応用する研究に取り組む一方で、一級建築士事務所株式会社IKDSを主宰し、国内や海外で様々な建築や都市デザインの仕事をされている慶應義塾大学政策・メディア研究科教授の池田靖史先生をお招きし、「デジタル木造からはじまる木造建築の未来」と題して、ご講演いただきました。
セミナーでは池田先生が手掛けた、木構造の存在感を演出し、木質建材の性能で快適かつ安全なオフィス環境を想像できる都市木造建築のモデルをコンセプトとした日刊木材新聞新社屋建設プロジェクトを紹介いただきました。説明の中で実際に使用したCNCを活用した木材加工やMRを使用した施工のデジタル技術ついて解説をして頂き、先生が提唱する“デジタル木造”の魅力と価値、建築デザインと建設技術の新たなパラダイムへの挑戦について最先端の事例をもとにお話をして頂きました。

本セミナーは、JBN正会員専用ページ内に期間限定で動画配信をしています。

令和3年9月9日委員会を開催しました

2015年日本クラフト展大賞、2016年グッドデザイン賞、2018年JIDデザインアワード大賞など国内外で数多く受賞経験がある家具デザイナーの小泉誠先生をお招きし、「日本の家具デザイン」と題して、ご講演いただきました。

セミナーでは小泉先生が全国で多数取り組まれている様々な事例紹介をしていただきました。生活家具の開発事例の発表では高知県で樹齢100年の土佐桧に桜材の反止めを挟んだ世界一薄い厚さ8mmの木製まな板の紹介や大分県で竹を半分に切って斜めに削るなどして、曲線を生かしたさじやヘラを紹介。北海道の旭川では(株)大雪木工と連携した「大雪(たいせつ)の大切プロジェクト」立ち上げて、用途を限定しない「いろいろ使えるデザイン」で、いつまでも作り続けられる、箱物家具を紹介しました。こちらのプロジェクトは日本インテリアデザイン協会が主催するJID AWARD 2020インテリアプロダクト部門賞を受賞されました。

また、今回のセミナーでは一般社団法人わざわ座(小泉誠氏が代表理事)の事務局である相羽建設様にもご協力いただき、相羽建設の事務所のリノベーションの紹介やわざわ座の活動内容の一つでもある地域工務店のものづくりとデザインを掛け合わせた活動「大工の手」の活動事例も紹介頂きました。

最後に小泉先生は、「デザインとは、誰かとどこかでつくるもの。「何をつくる」ではなく「誰とつくるか」が大切。時間をかけて、じっくり、しっかり、ゆっくりと」であると説明し、セミナーを終えました。

本セミナーは、JBN正会員専用ページ内に期間限定で動画配信をしています。

令和3年7月6日委員会を開催しました。

林政学・林業経済学を専門とし、持続可能な森林管理と木材利用の実現に向けて研究している筑波大学生命環境系の立花敏准教授をお招きし、「ウッドショックと持続可能な木材利用の実現に向けて」と題して、ご講演いただきました。
講義では、国内の杉や桧の価格が3倍近く上昇しており、海外の製材価格が減少傾向であるという国内外の木材市況の現状を説明。そしてウッドショックがなぜ起こったのかをアメリカの需要側(Stay-at homeに伴う住宅のリフォーム・リノベーションによる支出、郊外への移住に伴う住宅需要の増加 )と供給側(森林火災、Stay-at homeに伴う木材加工場の稼働縮小・トラックドライバーの不足)の原因や因果関係を元に解説しました。
そして、日本の持続可能な木材利用の実現を成すためには、利用可能な育成単層林について、適切な主伐・再造林や育成複層林への誘導を推進することにより、齢級構成の平準化の促進と平均林齢の若返りを図ること、また国内の森林資源の利用による安定した需給料関係の確立がとても大事になってきているとお話がありました。最後に今後のウッドショックの見通しを説明して先生の講義を終えました。
後半では、セミナーに対する質疑応答と国産材委員による各地(長野・岩手・滋賀・東京・三重・埼玉)のウッドショックの影響報告を行いました。
本セミナーは、JBN正会員専用ページ内に期間限定で動画配信をしています。

令和3年 6月8日 オンラインセミナーを開催しました。

ウッドショックの現在までの状況と今後の予想展開を含めたセミナーを2部構成で行いました。
第1部には直前委員長でもある木村木材工業㈱の木村社長による「ウッドショックはなぜ起こったか?」と題した講演を行い、
第2部では、歴代国産材委員長(㈱エコ・ビレッジ 和田正光、笠原木材㈱山田貴敏、㈲マルヒ製材 日當和孝、木村木材工業㈱ 木村司、田辺工業㈱田邉喜範)と次期国産材委員長(㈱長谷萬 長谷川泰治)による各地区の状況報告とパネルディスカッションを行い、今後の展開を予想していきました。

令和3年5月20日委員会を開催しました。

ノースジャパン素材流通協同組合の鈴木信哉理事長をお招きし、「日本の林業、木材産業の歴史と激変する今後の展望」と題して、
ご講演いただきました。
講演では、江戸時代からの林業の歴史の紹介、木材需要の変化や木造住宅の木材使用量の減少についての現状を時代背景とともに解説。
公共建築物は木造で建てることが禁止されていましたが、「建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050」の制定が公共建築物の木造化に向けた流れの転換点となりました。林野庁在籍時に鈴木氏が策定した「 公共建築物木材利用促進法 」により、公共建築物の木造化が進められ、減少していた木材自給率の向上を図ってきました。木材産業だけでなく住宅業界の現状と変遷をお話しいただきました。後半の講演では、広葉樹を巡る動向と利用の可能性や問題点を解説していただきました。